かるま(一児のお父さん)の色々日記

一児のお父さんがなんか色々挑戦する日記です

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド プレイ日記(2)+ゲームのこと

どうも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

久々に日記を書き始めたと思ったら、またいつのまにか1月空いてしまいました笑

前回のブログではコロナウイルスで色々大変なことになっていましたが、今回日記を書いているこのタイミングでは、福岡も緊急事態宣言も解除されています。

第二波が来ないことを切に願いつつ、 今のこの状況が 一刻も早く終わって、元の生活に戻れるようになってほしいものです。

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)では本題です。

ここ最近プラモデルを作っていないかるまお父さんですが、やはり?相変わらずゲームばかりしています。

ひとまずタイトルの通りゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの報告から。

 

まずは結果として、無事にクリアできました。

総プレイタイムは107時間。

前回も少し書きましたが

写し絵の記憶は全12枚+追加の1枚まで取得。

試練の祠は120箇所中80箇所クリア。

コログの実は900個の中 178個 とりました。

 

ちなみに通常クリアは厄災ガノンを倒してエンディング見て終わりなんですが、写し絵の記憶を12+1枚全部取っているとエンディングの後に、さらにその後のハイラルゼルダ姫と主人公であるリンクがどのように生きていこうとするのかというのがちょっとだけ描かれています。

 

ここで色々語るとネタバレになってしまうので、多くは語ることができませんが、

最後の方で、リンクに背を向けたまま

「私の力は、100年の封印で、枯れ果てたのかもしれません…」



f:id:laugh-maker-shin:20200521201632j:image

「でも、もう平気です」

って(。-ω-)ちゃんと笑っていたゼルダ姫が印象深かったのでちょっと描いてみました。

 

が 久々に絵を描くとやっぱり下手くそですね笑

なんかこうどうやったら、絵師さんと同じように CGっぽくなるのでしょうか。

いつもこういう平べったい感じになっちゃうんですよね。

まあ、ひとまず


f:id:laugh-maker-shin:20200521201919j:image

( ゚∀゚)ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでしたー。

 

なおこの後ゴールデンウィークに突入する前に、子供の頃ハマった聖剣伝説3のリメイクが発売されましたので購入してます←

でもまだクリアしてません笑

そのくせさらにゴールデンウィーク突入頃に スターオーシャン first Departure R というものが30%オフで販売されてしまったのでついついそちらを購入してしまい、27時間かけてクリアしてしまいました。

 

さらに( ゚∀゚) スーパーマリオオデッセイを始めてしまいこちらのプレイタイムも同じぐらいで現在パワームーンの取得が500を超えました。

何やってんだって感じですね 笑。

 

でもまださらに( ゚∀゚)毎日少しずつやっていたスーパーカービィハンターズ。 ビームのみランク15の武具を共に SZ 強化完了。

 

そのうえさらにまたモンスターハンターワールド熱が復活してきたので再開。

 

というように、最近はプラモデルへの情熱が全て。

ゲームに入ってしまっているので、 最近友人からバルバトスルプスレクスの写真をもらって、ちょっとだけやる気を復活させています。

なんとかこのやる気をもうちょっと増やして、そろそろリアルグレードニューガンダムを終わらせたいですね。 

 

…Σ( ゚Д゚)あ。コントローラの修理の話し忘れてた。

 

(; ・`д・´)ノシ ではまた!!

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド プレイ日記(1)

どうも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

皆さんお久しぶりです。

コロナウィルスの影響はどうでしょうか。

私は父が手術をして間もないので、自分が保菌している可能性も含めて実家に帰省できてないのが痛いです。

子供も会いたいと言ってますがそれも難しく、卒園式や入学式もずいぶんと形式だけになり、なんか色々最悪な年度スタートです。

あと、かるまお父さんはいつも行くホビーゾーンが閉まってしまい、プラモのウインドウショッピング(?)が出来なくてショック中です。

と言っても、久々に書いてる日記のタイトルがゲームの時点で皆さんには、かるまお父さんの最近の行動がばれてしまいそうですね。

 

はい( ゚∀゚)本題です。

いや、しかし本当にすごく久々に書いてますねこれ。

実に2ヶ月ぶりぐらいでしょうか。はい、その後リアルグレードニューガンダムがどうなったのか、ガンプラ改造はどうなったとか、積みプラはなど。

いろいろなご意見があると思いますが、結論から言いますと

 

(ーдー)全てやってません笑

 

というのも、もう既に新しい年度が始まったわけですが、今月こと4月24日にですね。

子供の頃にドハマりした聖剣伝説3がリメイクされて 発売されます。

これの購入に先駆けて、ずっと積んでいたり途中で止まっていた Nintendo SWITCHドラクエ11ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのクリアを急に目指し始めてしまいました。

というのがここ最近の出来事です。

 

1月の終わりから2月にかけてドラクエ11を無事にクリア。 クリア後のボスも倒して一旦完了したのでメルカリに投入しました笑

 

続いて始めたのが

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド。f:id:laugh-maker-shin:20200413184724j:image

今回のタイトルですね。はい、これを粛々と進めまして、現在、厄災ガノンを倒すべくハイラル城に突入したところです。 


f:id:laugh-maker-shin:20200413185416j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200413185431j:image

日記がまだ(1)のわりにはかなりやったあとですけどね笑

いや、そんなに細かく日記綴る必要もないかと。もう二年も前のゲームですし。

ちなみに今こんな感じです。


f:id:laugh-maker-shin:20200413184816j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200413184830j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200413184847j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200413185505j:image

盾はハイリアの盾です。

この盾、ハイラル城地下で、初回入手時は低確率で防御アップ効果がついて90じゃなく144になるらしいですが、20回ほど繰り返しても出なかったので諦めました。

 

あとはお金を稼いだり。↑の時点で12000ルピーくらいですが、最大で36000ルピーくらい稼ぎました。

というか、このゲームはお金が掛かりすぎですね。

装備品を最終段階まで強化するのに妖精を解放する必要があるのですが、四人の妖精を解放するためにお金が必要になります。

しかも最後の四人目は解放のために10000ルピーも必要なのです。(基本ミニゲームで稼げる額が300程度)

これに加えて、上図の背景はマイホームなのですが、これを購入するのに3000ルピー。家具家電買うのに1500ルピー?くらい。

 

最初は雪だるま転がしのミニゲーム(挑戦20ルピーで最大300ルピーもらえる)をしてました。

中盤は焼きリンゴ100個をリトの村で1200ルピーで買い取ってくれる女性に持っていってました。

最終的には鉱石をひたすら売ってました。

 

あと武器の所持枠を増やすために、コルグの実をそれなりに取ったりです。

173個集めましたが、めんどくさいのでコンプリート諦めました笑(全部で900個)

 

祠は80箇所クリア。

がんばりゲージはMAX までやって、残りはハートへ。

ハートに関しては2列目まで行きましたが、後はもう料理でカバーしようと思ってこれも諦めました笑(全部で120箇所くらい?)

 

ちなみに木の矢が200本て結構多くないですか笑

以下で稼げます。(既出ですが自分メモ用に。)


f:id:laugh-maker-shin:20200413190952j:image

イオ・ソオの祠から弓のポイントに向かいます。

(このポイントはかるまお父さんがつけてるだけ)


f:id:laugh-maker-shin:20200413191054j:image

このへん。


f:id:laugh-maker-shin:20200413191107j:image

馬に乗ったボコブリンがたくさんおります。


f:id:laugh-maker-shin:20200413191140j:image

ここで画面を下に向けると矢がほぼ当たらなくなり、地面に刺さったやつを、刺さらなくなるまで拾えます。

(ずっと拾ってると途中で矢が拾えなくなる仕様です。無限稼ぎ対策?)

30個くらい取ると拾えなくなるので、この場でセーブ&ロードすればまた拾えます。

 


f:id:laugh-maker-shin:20200413191313j:image

ウツシエの記憶は12+1全て確認済み。

 

そんなわけで、この状態でガノンに挑むべくハイラル城に乗り込んでます。

ここまでのプレイタイムが約105時間。

全コンプリートに200時間以上かかるそうなので、まだ半分くらいですね笑

 

でもかるまお父さんはもう、ゼルダ姫に会いに行きます笑

しかし(。-ω-)かるまお父さん的にこのゲームのヒロインはミファーだと思ってます。


f:id:laugh-maker-shin:20200413191515j:image

ミファーかわいいよ( ゚∀゚)

 

ミファーの魂を解放するためにも、厄災ガノンを倒して、私の中のブレスオブザワイルドは一旦終わる予定です。

 

他のプレイヤーから

ダウンロードコンテンツももちろんやるよね

って言われてますが、コンプリート目指すのやめたというのと、2年前のコンテンツが未だに3000円くらいと意外と高かったので、今のところ予定なしです。

今は3000円だすなら

ことばのパズルもじぴったんアンコール

が欲しいです。

 

そんなわけで

このゼルダをやっていた中でちょっと スイッチのコントローラーに問題が発生したので、その辺について次回語ろうと思います。

 

ヽ(;▽;)ノそれではまた。

初音ミク フレームミュージックガール制作日記(1)

どうも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

(´・д・`)モンスターストライクに興味のない方には大変申し訳ないと思いつつ、また少し語ります笑。興味ない方は本題まで読み飛ばしてください笑。

鬼滅の刃コラボのミッションは無事に終わったのですが、最近 YouTube で噂の 善逸(鬼滅の霹靂一閃使い)というキャラで ボスモンスターを第1ステージでワンパンするという遊びが、 流れていたので真似してみました。 動画の中では、 敵に与えるダメージが カンストしていたのですが、かるまお父さんがやったところダメージ値が6億5000万弱ぐらいで止まってしまいました泣。(ワンパン自体は出来ました)

動画の内容をちゃんと見てないのですが9億9999万9999になるはず。 なかなか難しいです…。

 

はい( ゚∀゚)本題ー。

ニューガンダムはどこへやら、今回はフレームアームズガールの 出張版フレームミュージックガールの初音ミクです。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223518j:image

無塗装でこんな感じの仕上がりになってます。

( ゚∀゚)ではさくっと作業を振り返りましょう。

 

まずは箱。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223605j:image

こちらの商品も約2年前に発売日に予約してまで買ったんですよね、無駄に。

なのでご覧の通り薄い紙に覆われていてなんだか豪華な感じがしますね。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223625j:image

でも箱開けたいのではがします。

パーツ量はこんな感じです。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223646j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200227223655j:image
f:id:laugh-maker-shin:20200227223705j:image

メガミデバイスの時にも感じたのですがやはり、キャラのプラモデルは多少時間はかかりつつも、パーツ量はそこまで多くないですね。

(´・д・`)パーツ量よりも合わせ目がどこにあるかの方が重要な気がします、塗装を考えると。

 

というわけで、順番に頭から作っていきます。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223815j:image

まずちょっと驚いたのが、髪の毛のパーツ。まあまあ細分化してますね。そして前髪も結構尖ってるので、最初から髪の完成度は高いです。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223941j:image

ポニーテールも同様に切っ先が尖ってます。


f:id:laugh-maker-shin:20200227224158j:image

というわけで顔はこんな感じです。

改めて思ったのは、いろんな方がブログ書かれているように、素組みでも可愛いですよねこれ。

(´・ω・`)まだ頭だけですけど 笑

まあ、かるまお父さんは塗装したいので、もしかしたら可愛くなくなるかもですが。

 

塗装はちょっとまだ先ですけどね笑

 

そんなわけで腕と胴を作ります。


f:id:laugh-maker-shin:20200227224512j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200227224521j:image

下半身のスカートはこれ最初から塗装されてました。

ここの部分に関しては筆塗りでちょちょいと塗ればいいんで問題はないんですが、そもそもの話は別にありまして。


f:id:laugh-maker-shin:20200227224637j:image

スカートがわりとパーツ分けされていてびっくりでした。穴に差し込む棒がすごく小さいので、製作時に折れそうで怖かったです。

 

そして(´・ω・`)足はすいません作ってる途中をすっかり撮るの忘れてました。

(´・д・`)決して足フェチだから夢中になっていたとかそういうのではありません。

 


f:id:laugh-maker-shin:20200227223518j:image

そんなわけで、いきなり完成です。

 

ちなみに何かスピーカーとかマイクスタンドとかもサクサクっと作っております。

あんまし稼働させるとちょっとスカートの中が丸見えなので、良い子が見ているかもしれないと思いそこは割愛します。


f:id:laugh-maker-shin:20200227223506j:image

このシリーズはこれでバランス取れているとは思うのですが、首から胸辺りが長過ぎる気がするのはかるまお父さんだけでしょうか…。

まあ、それはさておき、かるまお父さんのお家のショーケースに追加してます(仮置き)


f:id:laugh-maker-shin:20200227225129j:image

フィギュアじゃないけど、 女性キャラクターのプラモデルが3体 。 下とか横とか後ろはガンダムなんですけど笑。 というか、女性キャラクターのプラモも、一番左の金髪は Fate stay nightのセイバーをイメージして全塗装したモビルドールメイというキャラクターです。これに関しては、別途ブログ綴ってますので気になる方は過去のブログ漁ってみてください。

 

えーそんなわけでいったん素組みの初音ミクでした。

これから、季節はだいぶ外れましたが雪ミクっぽく塗装していきたいと思います。週末になるのでそろそろνガンダムのも再開したいところですね。

 

( ^ω^ )ちなみに。

モンストのボスモンスターワンパンです。


f:id:laugh-maker-shin:20200227225934j:image

ボス(ヴィーラというモンスター)に


f:id:laugh-maker-shin:20200227230103j:image
このステージはダメージ蓄積することで攻撃力上がりますので、できるだけダメージくらいます

f:id:laugh-maker-shin:20200227225946j:image
雷の呼吸、壱の型
( ・`д・´)霹靂一閃、六連!!


f:id:laugh-maker-shin:20200227230248j:image

これが冒頭で言ってた6億越えダメージです。

ちなみに8000万くらいで既にボスは死んでるみたいです笑

 

はい\(^_^)/それではまた。

ミニプラ ジェネシックガオガイガー制作日記(2)

どーも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

更新完全に止まってました(。-ω-)

というのも、モンスターストライク(モンスト)が鬼滅の刃とコラボを始めてしまったので、ひたすらモンストやってました笑

 

難易度が超究極の鱗滝さんのクエストを、苦手属性のみでクリアしろという鬼殺隊任務というミッションに手こずってしまいました。

自身含むマルチでキャラをお借りして、炭治郎四人編成でなんとか無事にクリアしました。

そんなわけで、ブログ再開します笑

 

はい( ゚∀゚)本題ですが

前回はガオーシリーズの途中まででしたね。


f:id:laugh-maker-shin:20200226221700j:image

今回は前回の予定通りここまで進めましょう。

 

というわけで作業振り返りの巻き。

つづきとしてはプロテクトガオーからです。


f:id:laugh-maker-shin:20200226221817j:image

これは

もともと新幹線だったやつですね。 これはパーツ量少な少ないのでサクッと作ります。


f:id:laugh-maker-shin:20200226221854j:image

ちなみにここでも塗装を邪魔する最初から塗られているパーツ。


f:id:laugh-maker-shin:20200226221925j:image

というか、本体よりおまけの方が多かったぐらいですね。


f:id:laugh-maker-shin:20200226222002j:image

おまけは、 武器ウィルナイフなどが付いてましたが、何を隠そう(´・ω・`)かるまお父さんはジェネシックガオガイガーを本編で見た事がありませんので、作るだけ作って放置します笑


f:id:laugh-maker-shin:20200226221854j:image

本体の後ろに置いてるのは、差し替え用でこれ多分動物っぽい感じなのですが、尻尾がちゃんと動物っぽくなるパーツです。

(。-ω-)差し替えはめんどくさいので着けません。

 


f:id:laugh-maker-shin:20200226222211j:image

そして最後にストレートガオー&スパイラルガオーです。これは元々はドリルガオーですね 。


f:id:laugh-maker-shin:20200226222243j:image

何と説明書が全て同じのを2個ずつ作るという風に書かれていました。

(´・ω・`)フィンファンネルを彷彿しちょっと苦行でした。


f:id:laugh-maker-shin:20200226222327j:image

途中一個はめた時にものすごく硬いパーツがありまして、これはまずいと思って外そうと思っても外れなかったので、他の三つはヤスリで少し棒を削ってから差し込んでたのですが、それでも固かったのでちょっと不安を感じつつ、作ります。(フラグ)


f:id:laugh-maker-shin:20200226222429j:image

でもとりあえず出来ました。

 


f:id:laugh-maker-shin:20200226222456j:image

はい作ったものを一通り並べたので

ファイナルフュージョン承認Σ( ゚Д゚)

かと思ったら


f:id:laugh-maker-shin:20200226222514j:image

ジェネシックドライブを起動する

でした笑

(。-ω-)原作を知らない人がやるとこうなるんです←

そんなわけで順番に変形させていきます。

手順が分からないので、初代ガオガイガーチックに順番に行っていきます。


f:id:laugh-maker-shin:20200226222627j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226222642j:image

フラグだった固いパーツはここの変形で使いましたが、まじで固くて折れるんじゃないのかというくらいのレベルで変形させました。

皆さん、作るときはここの棒はヤスリでゴリゴリに削ってください。


f:id:laugh-maker-shin:20200226222750j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226222806j:image

 


f:id:laugh-maker-shin:20200226222818j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226222847j:image

初代は出来るだけパーツを外さずに完全変形を目指していた感じがありましたが、今回は躊躇なくバラして合体です。(原作も?)


f:id:laugh-maker-shin:20200226223005j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226223022j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226223036j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226223051j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226223106j:image

というわけでジェネシックガオガイガー完成。

かるまお父さんの知識は、第3次スーパーロボット大戦α あたりの知識しかないので、その時に出てたジェネシックガオガイガーと同じようなポーズしかできません。

 

はいというわけで


f:id:laugh-maker-shin:20200226223216j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226223457j:image

Σ( ゚Д゚)ガジェットツール!!


f:id:laugh-maker-shin:20200226223242j:image

 



f:id:laugh-maker-shin:20200226223624j:image

ヘル!!


f:id:laugh-maker-shin:20200226223637j:image

アンド・ヘブン !!!


f:id:laugh-maker-shin:20200226223713j:image

f:id:laugh-maker-shin:20200226223526j:image

 


f:id:laugh-maker-shin:20200226221700j:image

ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ


f:id:laugh-maker-shin:20200226223856j:image

 


f:id:laugh-maker-shin:20200226223914j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200226224106j:image

Σ( ゚Д゚)ウィーターーー!!

 

というわけでジェネシックガオガイガーでした。


f:id:laugh-maker-shin:20200226223242j:image

( ゚∀゚)この指が長い感じが好きです笑

こちらも本編のガオガイガー FINAL をちゃんと見たらまたポージングは考えたり塗装を考えたりしましょう。

 

なお顔のパーツに関しては一応最初から完成しているパーツ使ってるんですが、差し替えパーツもあり、ジェネシックガオガイガーの状態を維持するためだけのパーツもあります。ギャレオンの手を外して固定しやすいパーツとかですね。

バラして遊ぶつもりはないので、そちらに移行した上で、塗装どうするかまた今後考えていきましょう。

 

 

ちなみに鬼殺隊任務の鱗滝さん苦手属性クリアで


f:id:laugh-maker-shin:20200226224814j:image

f:id:laugh-maker-shin:20200226224804j:image

柱の称号貰えます笑

一撃失神が大いに役立つらしく、ハート無くても安定のクリアらしいです(友人曰く)。クリア出来てない方は是非付けてやってみてください。

私は兵命と将命の特Lつけて、あとはごり押しとハートの運ゲーでクリアしました笑

 

ヽ(;▽;)ノそれではまた。

ミニプラ ジェネシックガオガイガー制作日記(1)

どうも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

今年はRe:ゼロから始まる異世界生活の 第2期が放映されます。 第一期が当初始まった時はすごく面白くて、こんな話しどうやったら思い付くんだろうと調べてみると、小説家になろうから飛び出した作品とあり驚いた記憶があります。

小説家になろうは、かるまお父さんも書いていますが、相変わらず読んでる人はそんなにおらず、感想も全然頂けていないので、どうやったらこのような人気作品になるのか、新しい作品も含めて いろいろ試行錯誤しようと思います。

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)では本題です。

今回はミニプラガオガイガー6 ジェネシックガオガイガーです。 これも発売当初を速攻で買ったのですがもちろん積みプラをしていたのでだいぶ長いこと放置されていました中に入っているガムが果たして食えるのかどうか(ーдー)。

というわけで完成版はこちらです。


f:id:laugh-maker-shin:20200211080707j:image

真ん中のやつですね、ジェネシックガオガイガーは。

後ろの2体は参考です。ちょっとカメラワークが悪いところもありますが、一応今回ガオファイガーや普通のガオガイガーよりは結構大きめに作られているようですね。

 

では作業を振り返りましょう。

まずは箱。


f:id:laugh-maker-shin:20200211080939j:image
のんか豪奢な感じで、かっこいいです。


f:id:laugh-maker-shin:20200211081014j:image

中身はちょっと大きめの箱が四つです。

では順番に中を開けて作っていきます。1つ目はギャレオンです。


f:id:laugh-maker-shin:20200211081044j:image

本当は、初代ガオガイガーに続き、がっつり塗装してやるつもりだったのですが、 前回と違い、今回はものすごく色分けにこだわっているようです。最初から色が分けられているため、 ちょっと塗装がしにくいと思って一旦素組みです。


f:id:laugh-maker-shin:20200211081209j:image

顔だけでももうこんだけ1つのパーツが色分けされてるんですよね。

目とか鼻とかまあ全部塗装して自分で塗り直せばいいんですが、いかんせん小さいところを塗り直すというのは結構苦行なので 。

そんなわけで順番に腕から体からし体作っていきます。


f:id:laugh-maker-shin:20200211081308j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211081849j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211081906j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211081919j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211081936j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211081951j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211082008j:image

 

で組み上げたらギャレンを完成。


f:id:laugh-maker-shin:20200211082048j:image

ここから人型に変形します。

あ、今回人型に変形する時にちょっとした進化が感じられたのが、ギャレオンの頭部を外さなくても変形できることです。


f:id:laugh-maker-shin:20200211082124j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211082138j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211082152j:image

くるっと回しておろす。すると中のギミックでなんとロボットの頭部まで一緒に出てくると言う。 親切設計ですね。初代ガオガイガーは指でカスカスやってたのですが、今回はそんな事する必要がないわけです。


f:id:laugh-maker-shin:20200211082522j:image

プロポーションは少しマッシブになりつつも、やはり合体したときのスタイルのためも太ももがちょっと太い感じです。

次は、元ステルスガオーであるところのジェットガジェットガオーですね。


f:id:laugh-maker-shin:20200211082707j:image

パーツ量が意外(ーдー)背中なのに多い…。


f:id:laugh-maker-shin:20200211082858j:image

そして一番目から、しっぽみたいなやつが何とパーツが一個ずつ当然あるわけで、これを一体何個重ねるんだというばりに地道にやっていきました。そしてミニプラの悲しみ、微妙に硬いので指が痛くなりました。

後は順番に。


f:id:laugh-maker-shin:20200211083113j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211083127j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211083137j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211083153j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211083208j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200211083220j:image

今回は初代ガオガイガーと違い、パーツを外さず完全変形ではなく、外すところは外して変形させるようですね。


f:id:laugh-maker-shin:20200211083605j:image

そんなわけで完成。

 

あと半分あるのですが、後半はまた次回。

 

 

次回はヘルアンドヘブンです笑
f:id:laugh-maker-shin:20200211083739j:image

\(^_^)/それではまた。

RG νガンダム制作&改修日記(6)

どうも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

実は家族で大きな病気が発覚してしまい、 来週手術があります。といっても妻や子供ではいですけど。

私が年を取ればも当然家族も年をとっているわけで、様々な病気が降りかかってきます。

がんばってヽ(;▽;)ノ病気に負けないで!

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)では 本題です。

前回はプレミアムバンダイ限定のダブルフィンファンネル拡張ユニットを作ります、と宣言したところで終わっていました。今回の作業は、ダブルフィンファンネルの作成と軽く墨入れまで終わらせました。


f:id:laugh-maker-shin:20200208122033j:image

こちら( ゚∀゚)我ながらカッコいいと思います笑

まぁ、ガンダムの性能(見た目)のおかげなだけですけどね笑

 

では、早速作業を振り返りましょう。

 

前回は

f:id:laugh-maker-shin:20200208122319j:image
ここまでですね。 片方のフィンファンネルと墨入れも全くない状態。

ここからまずはダブルフィンファンネルの 拡張ユニットを作っていきます。 とはいってもも前回のフィンファンネルと全く同じ内容なのでサクサクと進めます。


f:id:laugh-maker-shin:20200208122829j:image

が、いざファンネル同士をくっつけようと思ったところで問題が。


f:id:laugh-maker-shin:20200208122955j:image

パーツの一部を反対側につけてしまい(取っ手が内側になってフィンファンネル同士をくっつける時のパーツが取り出せない)状態ということに気づく。

なので全パーツをバラし全てやり直しです。

(..)6個ですね。ですので、ただでさえ苦行というのに、また無駄なことをしてしまいました。

でそれを修正して反対側バージョンで組み直し


f:id:laugh-maker-shin:20200208123229j:image


f:id:laugh-maker-shin:20200208123236j:image

ダブルフィンファンネルの完成です。

そんなわけでつけてみます。


f:id:laugh-maker-shin:20200208123323j:image

まあこれでも十分かっこよく感じるのですが、後はここからばらして一個ずつ墨入れをしていきます。

 

そしてまたフィンファンネルという苦行が待っているわけですが、そこはもう割愛します。時間的には2時間程度でした。 というのも、墨入れがうまくできなかったこともあって、自分がいまいち墨入れが下手くそだということを痛感しました。


f:id:laugh-maker-shin:20200208123437j:image

↑がもう一回、、、

それと、体の方もスミ入れしましたが、情報量が意外と少ないですね、リアルグレードニューガンダム。 形はあるんですけど、ちゃんとほられてはいないので スミ入れがうまくできないんですよね。 もうここまで来ると、次回のプラモデルに関してはスジ彫りを使って自分で情報量を作っていくことになりそうですまあ新たなステップではありますね。

まあスジ彫りは置いときましょう一旦。

はいでは それらのスミ入れも終わって終わったのがこちらです。


f:id:laugh-maker-shin:20200208122033j:image

はい最初の写真の通りスミ入れバージョンです。

まあやっぱり真っ白なままよりはこっちの方がいいですよね。


f:id:laugh-maker-shin:20200208123722j:image

比較。

 

あとはデカールを貼るんですが、元から付いているデカールは この上からつや消し塗装をした際にどうやらボコッとなんかいかにもシール貼りました的な感じになるらしいですので(たしかにクロスボーンはそんな感じだったような)貼りません。

その代わり、水転写デカールが実は ダブルフィンファンネルの拡張ニットについていましたので、そちらを使おうと思います。

はい、水転写デカールということはつまりまた苦行なんですけどね。

(..)一体いつになったら終わるのでしょうかニューガンダム…。

 

はい、では次回は水転写デカールを貼って艶消し塗装をしていきます。

 

それではまた\(^_^)/

RG νガンダム制作&改修日記(5)

どうも( ゚∀゚)かるまお父さんです。

 

(^-^)毎週土曜日は子供のヤマハ音楽教室なのですが、昨日は先生のピアノの前に集まると先生から
「はい、じゃあ後ろ向いてー。今から和音を引くので何の音か当ててくださいー」
って言い出して。分かるわけないやろ、、、と思っていたら、他の子そっちのけで、バンバン和音を言い当てる我が子Σ( ゚Д゚)

当てずっぽうだろうと、帰ってから家のピアノで試してみたところ、やはり当てる。更に基準のドを鳴らす前に

色々な高さの単音を鳴らしても当てていました。

これには流石におどろきました。絶対音感に近い能力をこの2年で身に付けているようです。

かるまお父さんは一緒に行ってるのに全然身に付いてません笑
音感って小さい子は本当に身に付くんやなあと素直に感じました。

 

はぁぁい( ゚∀゚)では本題です。 前回はとりあえずグレーパーツをシルバーに、ホワイトパーツはホワイトのままに、というコンセプトで塗ったところまででした。

(ーдー)ですがこれだとシールドがなんだか真っ白になってしまったり、肩や腰が露骨にシルバーになってしまい、なんだかかるまお父さんが予想していた仕上がりと違う結果になってしまいました。

( ゚∀゚)今回は 肩の一部の塗装をし直したり、 シールドを部分塗装したりなど、あと塗り漏れも含め、再塗装を実施してこちらのような感じになりました。


f:id:laugh-maker-shin:20200202210856j:image

( ゚∀゚)はい、どうでしょうか。

肩が以前に比べるとかなりかっこよくなったと思っており、かるまお父さん的にポイント高いっ!笑

シールドに関しても一部をシルバーにすることでよりニューガンダムとマッチしているように見えます。

それでは作業を振り返りましょう。

 

まず再塗装するパーツ一覧はこちらです。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211053j:image

まず、足の一番下の部分のシルバー。これ実は左側の部分はランナーごと塗装していたのですが、 アンダーゲートと思って油断していたら、ガッツリ前の方にゲートがあり思いっきり切った後が残っていました。こちらです。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211204j:image

なので左右を揃えるために再塗装。

また一部胸のパーツが塗装漏れと言っていたのがこちらです。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211305j:image

ご覧の通り、片方マジで無塗装です笑。

そして前回から繰り返し言っている肩の部分が露骨にシルバーになっていたのでこちらも修正します。

(^-^)ちなみにどう修正したかと言うと。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211425j:image

必要なところだけシルバーを残して残りはシルバーを剥がすといった作業です。剥がす作業は綿棒にうすめ液付けてで地道にやりました。

シールドはまたマスキングテープ→塗るを二度に分けて実施。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211916j:image

こちらは1回目。2回目は撮り忘れです。

 

その他、個別の写真も撮り忘れましたが、腕の部分も同じく左腕がランナー跡が残っていたので左右同時に塗装したのと、腰パーツに関してはホワイトとシルバーのパーツの塗り分けを逆にするために一旦シルバーを全て剥がし、ホワイトだったパーツをシルバーに塗装です。

顔のパーツも持って行ったのですが、これも塗装一部を剥がす予定だったのですが時間が足りず結局そのまま持ち帰ってしまいました。フィンファンネルは、シルバーの塗装が一部マスキングテープを掻い潜って塗られていたので、こちらもうすめ液で剥がしました。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211614j:image

というわけでこの状態で塗装した結果がこちらです。 肩と腰だけ組み直してみましょう。


f:id:laugh-maker-shin:20200202211727j:image

ご覧の通り、前回と違ってかるまお父さん的にはかなりかっこよくなったと思っています。


f:id:laugh-maker-shin:20200202212851j:image

シールドも真っ白よりは全然いいです。

これで組み上げると最初の写真になります。


f:id:laugh-maker-shin:20200202205404j:image

 

前回と比較。
f:id:laugh-maker-shin:20200202212952j:image

やはり変更前の右より、変更後の左の方がかるまお父さん的には好きです。

 

ちなみに実は、組み上げの際に顔を削ってます。少しだけですが小顔にしたのです。が、まあ見て取れるほどの小顔整形にはできてないですね。変更後と変更前はこちらです。

f:id:laugh-maker-shin:20200202212259j:image

分かりにくいですね…(ーдー)まあ、マスターグレードの時ほど目立った大きさではないので、やる必要ないのかなあと思いつつも、全体のバランス見て考えます。

 

そして、さらにここからこちら。


f:id:laugh-maker-shin:20200202212442j:image

プレミアムバンダイ限定のリアルグレードニューガンダム用ダブルフィンファンネル拡張ユニット。

はい(´・д・`)苦行苦行と言っていたのはもはやフラグ!でも買っていたんです、かるまお父さん。

ちなみにパーツはもうすでに塗装してしまい、一覧が拝めないので説明書から持ってきます。


f:id:laugh-maker-shin:20200202212624j:image

もちろんフィンファンネルのパーツだけと思いきや、実はマスターグレードとおそらく同じ大きさでしょうか。 ニューガンダムマークの台が付いてます。


f:id:laugh-maker-shin:20200202212645j:image

しかも塗装済み。後、水転写デカールですね。 作成についてはまだ行ってません。

スミ入れもまだやってませんので、まずは残りのフィンファンネルを作って、そこから徐々にスミ入れをして行こうと思います。

マスターグレードの時にやった汚し塗装は今回は考えていませんので、スミ入れが終わる前につや消しをやるのか、スミ入れをやった後につや消しをやるのか、その辺の順番がちょっと分からないので確認します。


f:id:laugh-maker-shin:20200202212808j:image

\(^_^)/それではまた。