かるま(一児のお父さん)の色々日記

一児のお父さんがなんか色々挑戦する日記です

ミニプラ リュウソウジャー キシリュウオーディメボルケーノ、キシリュウオーファイブナイツ制作日記&DX版と大きさ比較

どーも( ゚∀゚)かるまです。

 

週末にアベンジャーズエンドゲームの続編である、スパイダーマンの映画を観に行く予定でしたが、車に轢かれて時間は経ったとは言え、長時間まだ痛みの残る首を大画面に向かって固定させておくのは危険と思い、行くのを断念して家の片付けをしています。

(´・д・`)特に子供のおもちゃ。

かるまお父さんは何かと理由をつけて子供におもちゃを与えることが多いので(半分は自分自身の興味のせい)、不要なものを整理してメルカリにでも出そうと思います。

 

はい( ゚∀゚)ノ[今日の本題]

タイトルの通り、ミニプラシリーズのリュウソウジャー第2弾です。

(´・д・`)発売してすぐ買っていたのですが、なかなか手をつけず、あげくに車に轢かれて首を痛めてからは、プラモが出来る状態じゃなくなってさらに放置していました。

けれど(。-ω-)少しずつ首の痛みが無くなってきて、なんとなくプラモ作りが出来るようになったので、昨日から積みプラをまた崩し始めています。

 

そんなわけで今回のキシリュウオーはこちら。


f:id:laugh-maker-shin:20190707143251j:image

それぞれ
f:id:laugh-maker-shin:20190707143041j:image

キシリュウオーディメボルケーノ


f:id:laugh-maker-shin:20190707143054j:image

キシリュウオーファイブナイツ

です。

 

( ^ω^ )さくっと作業を振り返りましょう。


f:id:laugh-maker-shin:20190707143352j:image

まずは箱です。第2弾でも、キシリュウオースリーナイツがナンバリングで入っていましたが、かるまお父さんは既に持っている(更に言うならオレ合体フォトコンテストに投稿するため追加購入もしている)ため、ここではスルーして新規の分のみ買いました。


f:id:laugh-maker-shin:20190707144025j:image

6 タイガランス

7 ミルニードル

8 ディメボルケーノ

の3つです。

 

まずはタイガランスから。


f:id:laugh-maker-shin:20190707144102j:image

特に多すぎることもないパーツ。

少しシールの量が目立つ気がしました。f:id:laugh-maker-shin:20190707144142j:image

はい( ^ω^ )さくっと完成です。

この箱裏の説明書、シールの貼りかたがイマイチわかりにくいのですが、世のちびっこはこれで理解出来るのか謎です。

 

続いてミルニードルです。f:id:laugh-maker-shin:20190707144308j:image

タイガランスと同じくらいですね。

やはりシールの量が目立つ気がします。

まぁ、380円くらいのミニプラにパーツの色分けは期待してません。


f:id:laugh-maker-shin:20190707144424j:image

こちらもサクッと完成。

・・・しかし。


f:id:laugh-maker-shin:20190707144453j:image

目のシールが片方変でした。

上のやつは、かるまお父さんがシールを切ってそれっぽく貼りました。


f:id:laugh-maker-shin:20190707144625j:image

分かりにくいですが、左側が正常なシールです。

それっぽく貼っただけなので左右で目が違います。

 

最後がディメボルケーノです。f:id:laugh-maker-shin:20190707144729j:image

なんと初のクリアパーツΣ( ゚Д゚)

(´・д・`)写真はどうせ加工してて、不透明なんでしゃ、とか思ってましたがちゃんと半透明でした。


f:id:laugh-maker-shin:20190707144854j:image

(´・д・`)そしてやはりシールが・・・。

目を片方ずつとか。

サイズが小さいだけにもはやガンダムの目のシール貼るより難しいんですけど・・・。

ガンプラ用に買ってあるピンセット使って貼りましたが、やはり世のちびっこはこれをどうやって乗り越えるのか・・・。


f:id:laugh-maker-shin:20190707145142j:image

というわけでこれも完成。

 

f:id:laugh-maker-shin:20190707145408j:image

(。-ω-)第1弾のキシリュウオースリーナイツと合わせると、結構増えました。

(´・д・`)まぁ、テレビでは既に新しいキシリュウオーっぽいロボット出てきていたので、更に増えるのでしょうが・・・。

 

ヽ(・ω・´)ノひとまずディメボルケーノからガッタイム!(という言い方はルパンレンジャーでした・・・)


f:id:laugh-maker-shin:20190707145617j:image

キシリュウオーをスリーナイツから素に戻して、ディメボルケーノを分解します。

パーツ少ないのでくっつけたら終わりです。


f:id:laugh-maker-shin:20190707143041j:image

キシリュウオーディメボルケーノ。

( ゚∀゚)こんな感じです。すいません、これしか撮ってません笑。

ちなみに、この合体には使っていない部分の顔やパーツがありました。

( ´_ゝ`)色合い的にはおそらく次のキシリュウオーと合体するときに使うパーツなんだろうなあと思いつつ、ネタバレになったら嫌なので写真は載せません。

 


f:id:laugh-maker-shin:20190707145857j:image

次はキシリュウオーファイブナイツへ。

(。-ω-)この辺りは子供がDX版持ってるので合体はお茶の子さいさいです。


f:id:laugh-maker-shin:20190707143054j:image

サクッと行きました。写真はこれも一枚しか(以下略

 

あとせっかくなので、キシリュウオーシックスナイツ?も作ってみました。

f:id:laugh-maker-shin:20190707202152j:image

ミニプラですが、肩がVダッシュガンダムみたいになっているので、結構大きく見えますね。まあ、キシリュウオーディメボルケーノと縦は変わらないんですけどね。

 

ついでにDX版と大きさ比較してみました。


f:id:laugh-maker-shin:20190707150106j:image

( ^ω^ )こんな感じです。大きさが2倍くらい違いますね。

ただDX版は可動域がほぼ無いので、ミニプラ遊んだあとだと、ビックリするくらいポーズのつけようがなくて焦ります。

その代わり、DX版はやはりでかいです!なんかこう遊びごたえがあります。

大人はおそらくポーズや可動にこだわってしまいそうですが、子供が手に余るくらいのパーツをジョイントで繋げてオリジナルの組み合わせを考えるってのにはまるんでしょうかね。

( ^ω^ )DX版の大きさで、ミニプラ並の可動なキシリュウオーが欲しいです笑

 

\(^_^)/ではまた。

アベンジャーズ エンドゲーム

どーも( ゚∀゚)かるまです。

 

(´・д・`)突然ですが、実は先月、車に轢かれて首と腕を痛めてしまいました。

 

そんなわけで1ヶ月ぶりの更新ですね。(´・д・`)実はネタはたくさんあったんですが、更新出来ていませんでした。

 

(。-ω-)そんなわけで貯めていたネタを少しずつ掘り起こしていきましょう。

はぁぁぁい( ゚∀゚)本題です。

 

つまりは先月のことですが、

アベンジャーズ エンドゲーム

観てきました。

下の写真はイオンモールで映画公開記念でやっていたスタンプラリーです。

f:id:laugh-maker-shin:20190706055519j:imagef:id:laugh-maker-shin:20190706055541j:image

子供と二人でスタンプコンプリートしました笑

 

コンプリートしてインフォメーションんに持っていくと、なんとシールももらえました。

f:id:laugh-maker-shin:20190706055600j:image

まあ、いるか?と聞かれると微妙ですが、せっかくなので笑

 

ちなみにこのエンドゲーム、ご存じのかたはご存知なのですが、アベンジャーズシリーズ第4弾です。そして、だとすれば第1弾~第3弾だけ見ればいいのか?

と思ったのですが、それも違います。

 

(。-ω-)実はかるまお父さん、今年の5月の連休前まで、マーベルシリーズを全く見たことありませんでした。ですので、友人にエンドゲームを見るためにはどうすれば良いか聞いてみたところ、恐ろしい事実があったのです。

 

(´・д・`)それは

 

アベンジャーズに参戦しているヒーロー達の映画をフェイズで区切り、そのフェイズ毎にヒーローの映画を見ないと、アベンジャーズ単品だけ見ても話が繋がらないのです。

(というか、各ヒーローのストーリー自体がアベンジャーズの続きになっていることが多く、ヒーロー達のライバルや敵も当たり前のように登場するので、アベンジャーズだけ見てもよく分からないという感じです)

 

( ・`д・´)そして友人に聞いた各フェイズと映画がこちら。

フェイズ1
アイアンマン
インクレディブル・ハルク
アイアンマン2
マイティ・ソー
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
アベンジャーズ

 

フェイズ2
アイアンマン3
マイティ・ソー ダークワールド
キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
アントマン

 

フェイズ3
キャプテン・アメリカ シビル・ウォー
ドクター・ストレンジ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
スパイダーマン ホームカミング
マイティ・ソー バトルロイヤル
ブラックパンサー
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
アントマン&ワスプ
キャプテン・マーベル

アベンジャーズ エンドゲーム

 

Σ( ゚Д゚)ながーーーい!!

 

Σ( ゚Д゚)てか、多いっ!!!!

 

これは観に行くの諦めようかなあと思ったときに、アマゾンプライムでたまたまアイアンマンがprimeになっていて、それを観たのです。そしたら

 

( ゚∀゚)なにこれ、面白い

 

と思ってしまい、1ヶ月くらいかけて、他の映画も見ていきました。

(。-ω-)んで、無事にエンドゲームを見てきたというわけです。

 

ここから少しネタバレ書きますので注意。

※なお、あくまで個人の感想です。

 

かるまお父さんのすべての始まりはアイアンマンです。

アイアンマンはまず、ロバート・ダウニー・ジュニアの演じるトニー・スタークがカッコいいです。

「私がアイアンマンだ。」

と記者の前で堂々と言ってのけたシーンはカッコよすぎて笑いました( ゚∀゚)。

カッコいいのに、いつもどこか本気じゃないような、本音を見せないような。

( ´ー`)アベンジャーズへ参戦したときも、そんなにやる気じゃなかったんですよね。

( ・`д・´)けれど色々な出来事があり、エンドゲームでは世界を守るために、アベンジャーズの一員として、誇りを持って、命をかけて指パッチンしました。

 

( ´ー`)逆に、キャプテンアメリカ(以下キャップ)はアベンジャーズ参戦の頃からすごく真面目で、誇りを持って命をかけてきたトニーとは割りと真逆な人でした。またキャップとトニーには確執もあり犬猿の仲だったのが印象的です。中盤あたりから後半までずっとそんな状態でしたが、ちゃんとエンドゲームで和解したのは良かったですね。

(。-ω-)そんなキャップはエンドゲームの最後の最後、使命を捨てて自分の人生を生きる選択肢を選びました。

 

トニーはやる気じゃなかったのに最後は命を掛けて使命に従い、キャップは使命感に燃えていたのに最後は使命を捨てる。(なんとなくキャップの一人勝ちと感じてしまうのはトニーの方が好きだからかもです)

 

(。-ω-)この、お互いの立場の変化も含めて、もう一度最初から観たくなります。

 

というわけで、アベンジャーズ エンドゲームでした。

 

\(^_^)/ではまた

 

 

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 制作日記(3)

どーも( ゚∀゚)かるまです。

前回の投稿で、小説家になろうというサイトで小説書きました!と、発表しました。これ、何人かの友達が意見をくれまして、その数人のコメントがかなりの量のダメ出しでした笑

そんなわけで、ブログも書かずに日夜小説を修正しております。

書き終わったらまた別途ブログ綴ります。

 

 

はぁい( ゚∀゚)本題ですばい。

前回、ミニプラ ガオガイガー2の制作途中で話が終わってしまいました。

そんなわけで。今回その2です。

f:id:laugh-maker-shin:20190508221808j:image

 

なお、上の写真を撮ってすぐ、撮影ブースに標準装備されていたled証明のケーブルが切れてしまい、証明がつかなくなってしまいました(悲

 

(´・д・`)それは置いといて作業を振り返りましょう。

前回はラフゴールドで塗装したところまででした。

f:id:laugh-maker-shin:20190508221830j:image

 

そんなわけで、ハンマーさくっと作ります。
f:id:laugh-maker-shin:20190508221937j:image

前回のブログのとおり、よく見るとハンマーにゴルティーマーグのあたまが見えますね。

(´・д・`)見えます?

 

そんなわけで、前回作った体とハンマー(頭)をくっつけて、ゴルティーマーグ完成。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222008j:image

 

あとステルスガオーについては、ほぼ最初のと変わらないので割愛します。

色は一回目に作ったものと同じようにメタルレッドとゴールドで塗装。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222023j:image

 

さくっと完成です。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222047j:image

 

おしりの

形が少し違いますね。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222102j:image

 

あとウイングの先にこのパーツが追加でつきます。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222120j:image

 

こんな感じ。でかいです。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222147j:image

 

そんなわけで、ガオガイガと合体させて完成。

( ゚∀゚)スターガオガイガーとゴルティーマーグを並べることができました。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222207j:image

 

上の写真からは分かりにくいですが、新幹線の窓付近を塗装してます。
f:id:laugh-maker-shin:20190508222227j:image

 

そんなわけで、

( ・`д・´)ゴルディオンハンマー!発動、承認!

( ・`д・´)了解!ゴルディオンハンマー、セーフティデバイス、リリーヴ!

 

システムチェーンジ!
f:id:laugh-maker-shin:20190508222252j:image


f:id:laugh-maker-shin:20190508222307j:image

 


f:id:laugh-maker-shin:20190508222320j:image

 

ハンマーコネクト❗
f:id:laugh-maker-shin:20190508222348j:image


f:id:laugh-maker-shin:20190508222405j:image


f:id:laugh-maker-shin:20190508222428j:image


f:id:laugh-maker-shin:20190508222448j:image

 


f:id:laugh-maker-shin:20190508222529j:image

 

ゴルディオンハンマー‼️
f:id:laugh-maker-shin:20190508222553j:image

 

と、いうわけでゴルディオンハンマー持ったガオガイガーでした。

 

ミニプラ ガオガイガー2はこれで終わりですが

ガオガイガーはまだ続きます。

 

\(^_^)/ではまた。

小説家になろう 投稿作品第一作目完結

どーも( ゚∀゚)かるまです。

今週は土曜日が雨だったり、日曜日は一人で頼まれた買い物だったり、コインランドリーだったりで忙しい週末でした。

子供を遊びに連れていく暇がなく、GEOで借りてきたDVDで我慢してもらっています。

ボーナスが入ったら、どこか遊びに連れていってあげたいですね。

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)本題です。

以前、かるまお父さんは

小説家になろう

というサイトに自分の作品を投稿していますって記事を書きました。

↓あ、これです。

https://karma-ruka.hatenablog.jp/entry/2018/05/24/224721

 

一年前に投稿を開始して、そこからこれまでずっと放置していたのですが、先日重い腰を上げて投稿作品第一作目を無事に完結させました❗

\(^_^)/やりました。

 

と言っても、一年経っても相変わらず見てくれてた人はごく僅かですが、、、。

なので、ここで改めて宣伝しようと思います。

 

( ^ω^ )というわけで、宣伝用として久々に投稿作品紹介マンガを1ページだけ描いてみました。


f:id:laugh-maker-shin:20190520013505j:image

つづきが気になる方はこちらから↓

https://ncode.syosetu.com/n4404ep/

 

 

余談ですが、上のカラーマンガ描くのに下書き含め、5時間くらい掛かりましたorz

小説家になろうは振り返ることが出来ないので、漫画について振り返りましょう。

 

まずは下書きです。
f:id:laugh-maker-shin:20190520014324j:image

これは普通にシャーペンで描きました。

これだけなら10分くらいです。

 

ここから、パソコンに取り込むために、余計な線を消したり、輪郭になる線を太くしたりします。

(本当はこの辺からパソコンの画像編集ソフトを使ってやるのが一般的ですが、かるまお父さんはそんなに編集ソフト使いこなしてないので、取り込む前にある程度整えます)

 

整えてパソコンに取り込んだら編集ソフトを使用し、レイヤーを使って色の塗り分けをしていきます。

※レイヤー (Layer) とは、グラフィックソフトウェアなどに搭載されている、画像をセル画のように重ねて使うことができる機能のことである by Wikipedia

 

かるまお父さんは、我流ですが、なんとなくペールオレンジから始めるのが一般的なようです。

f:id:laugh-maker-shin:20190520015329j:image

で、なんとなく影っぽいもの追加します。

f:id:laugh-maker-shin:20190520015611j:image

 

次に瞳を塗ります。

画像は一枚しか作っていないので一瞬で出来上がります。

f:id:laugh-maker-shin:20190520015708j:image

が、瞳だけで実はレイヤーを7つ程使っていたりします。

 

次に髪の毛です。

全体的に色塗り苦手ですが、アニメのような、シンプルでも綺麗な感じに塗りたいと思いつつ、塗り方が分からないので、まずは下地になる色を当てます。

f:id:laugh-maker-shin:20190520015803j:image

そして、またレイヤーを重ねつつ色を乗せていき

f:id:laugh-maker-shin:20190520020033j:image

あんまし綺麗ではないですがこんな感じに。

 

あとは服ぬって

f:id:laugh-maker-shin:20190520020109j:image

背景が寂しいので色を付ければ

f:id:laugh-maker-shin:20190520020225j:image

\(^_^)/あとは文字打って完成です。

結構簡単に見えるかもしれませんが、塗る作業はすごく時間がかかります。

というのは、かるまお父さんが超久々なのと、未だに慣れていないからですが、、、。


f:id:laugh-maker-shin:20190520020554j:image

如何ですか?

画像編集ソフトはフリーソフトがいくらでも転がっているので、少し興味のある方は絵を塗ってみては?

( ^ω^ )結構楽しいですよ笑

 

とりあえず

 

つづきが気になる方はこちらから↓

https://ncode.syosetu.com/n4404ep/

(大事なことなので2回言います笑)

 

小説は第二段を執筆中なので、気が向いたらそちらも見てくださいね笑(まだ投稿出来ていませんが)

 

\(^_^)/ではまた。

劇場版名探偵コナン 紺青の拳 観てきました

どーも( ゚∀゚)かるまです。

 

最近のアニメをアマゾンprimeで見ていますが

(´・ω・`)近頃は、主人公が最初から最強!って内容が多いですね。

かるまお父さんも小説家になろうラノベ書いてますが、一年前に書き始め、パソコン内では完結してますが、手直しをして投稿していると手直しの必要ありすぎて投稿が止まっています笑

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)では本題。

10連休中のことなのですが、タイトルの通り

劇場版名探偵コナン 紺青の拳

を観てきました。


f:id:laugh-maker-shin:20190518133408j:image

紺青の拳 は こんじょうのフィスト

と読みます。

 

なお、余談ですが名探偵コナン

このデジタル化が進む昨今、紙媒体でコミックスを集めている数少ないマンガの一つです。

そう( ^ω^ )かるまお父さんは名探偵コナンが好きなのです。

決して、灰原哀の声が林原めぐみだからというだけではありません、念のため。

( ^ω^ )林原めぐみさんはあとから付いてきた感じです。

( ゚∀゚)でも、死ぬ前に林原めぐみさんに会ってみたいです。←

 

( ^ω^ )はい、話を戻しましょう。

あまり内容を語るとネタバレになるので控えますが、公開されている内容だけても語りましょう。

 

今回の舞台はシンガポールでした。

f:id:laugh-maker-shin:20190518134834j:image

怪盗キッドに無理やり連れてこられたコナンは、蘭ねえちゃんに見つかってしまい

僕の名前はアーサーヒライだ❗

って名乗る感じです。

 

ちなみにこの偽名は結構意味が分かりやすく

工藤新一が子供の姿のときに名乗っている

江戸川コナン

 

コナン→アーサー

シャーロック・ホームズの作者コナン・ドイルは、本名がアーサーコナン・ドイルというのです。

 

江戸川→ヒライ

怪人二十面相などの作者江戸川乱歩は本名が平井太郎というのです。ヒライタロウです。

 

これでバレないのだからすごい笑

 


f:id:laugh-maker-shin:20190518140755j:image

あと今回は、怪盗キッドと京極真と園子の話です。

京極真の絆創膏の秘密と、園子のいつもと違う髪型を見ることが出来ますよ。

 

登場人物がいつもより少ないので、犯人探しがかなり楽です笑

あとは、劇場版特有のアクションを見る感じですかね。

( ^ω^ )変な感想ばかりですが、普通に面白かったですよ。

 

気になるけどまだ見てないんだよね~

と思っている方は是非笑

 

ではまた\(^_^)/

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 制作日記(2)

どーも( ゚∀゚)かるまです。

かなり前に買った、逆転裁判6大逆転裁判2をいい加減クリアしてよ‼️

と、嫁に言われました笑

ゲームはスパロボTで忙しいしいですが、積みプラが無くなったら、始めようかなあと思っています。

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)本題です。

前回のミニプラ ガオガイガーの続きで、今回はミニプラガオガイガー2(ミニプラ第2弾)の制作日記です。

というか、これからしばらくガオガイガー日記になるかもです。

 

スターガオガイガー&ゴルディオンハンマー
f:id:laugh-maker-shin:20190508221738j:image
はい( ゚∀゚)ゴルディオンハンマー日記その1になります。

 

では(^-^)早速作業を振り返りましょう。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220652j:image

今回は外箱ありません。こんな感じで3つのミニプラです。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220708j:image

まずはマークハンド(ガオガイガーがハンマー持ってるオレンジの腕)の作成です。

実はゴルディーマーグというロボットでもあり、ロボットや戦車など、様々な変形機能を持った今回のミニプラのメインだと思われます。

パーツ量も一番多いと思います。

(^-^)かるまお父さんはゴルディオンハンマー持ったガオガイガー作りたかっただけなので、あんまり詳しくは語りません笑

 

少し脱線しましたが、作ります。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220728j:image

まずはボディです。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220748j:image

そして腕。意外とパーツ多いんですよね。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220809j:image

次は足です。ミニプラってところどころにパーツの噛み合わせが悪かったり、うまくハマらない所があるんですよね。この太もものパーツも正にそうでした。

 

あ、両足作ったら腰までさくっと作成しまして


f:id:laugh-maker-shin:20190508220827j:image

f:id:laugh-maker-shin:20190508220855j:image

差し替えの腕作ったら完了です。

なお、このロボットの頭はハンマーに付いてるのでこのマーグハンドっていうキットだけだとゴルディーマーグは完成しません。

 


f:id:laugh-maker-shin:20190508221005j:image

そんなわけで、次のゴルディオンハンマーというキットにいきます。

(^-^)かるまお父さん的には今回のメインはこのハンマーですね。

f:id:laugh-maker-shin:20190508221232j:image
相変わらずの黄土色ですね、、、

そんなわけで、エアブラシでさくっと塗装します。


f:id:laugh-maker-shin:20190508221031j:image

はい。こちらです。

今回はラフゴールドで塗装しました。

 

と、作成時は塗装したところで一区切りついたので、日記も一旦区切ろうと思います。

 

次回はハンマー組み立てからです。

\(^_^)/ではまた。

 

 

MG ガンダムF91 残像イメージカラー制作日記(2)

どーも( ゚∀゚)かるまです。

 

( ´ー`)10連休も終わり、職場まで歩いているときにふと気付いたことがあります。

Σ( ゚Д゚)体力が落ちているのを感じるっ

連休中はあまり外出もしなかったので、太っているこのボディに更に拍車がかかった気がします(ーдー)

ダイエットを考えなくては‼️

 

はぁぁぁい( ゚∀゚)では本題です。

前回武装以外は終わったクリアカラーのガンダムF91の続きです。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220042j:image

かなり前に作った質量を持った残像イメージ塗装のMGガンダムF91と真ん中に今回作成したMGガンダムF91残像イメージクリアカラーと、後ろにガンプラEXPO限定HGガンダムF91を並べて

(*≧ω≦)本当の質量を持った残像っぽいディスプレイに。

 

ちょっとガンダムF91って言い過ぎですね笑

では作業を振り返りましょう。

 

(^-^)まずは武装ですね。

ビームライフルとビームバズーカをさくっと作ります。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220136j:image

 

あと台座です。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220204j:image

 

(^-^)はい。台座に乗せて、武器を持たせたら完成です。


f:id:laugh-maker-shin:20190508223949j:image

 

今回はあえてシールを貼ってません。

f:id:laugh-maker-shin:20190508220317j:image

 

まあ、並べる前提なので、肩くらいは貼ってもいいかもですね。
f:id:laugh-maker-shin:20190508220335j:image

 

いやヴェスバーにもですかね。。。
f:id:laugh-maker-shin:20190508220351j:image

グレーパーツもクリアなのはいいですね。

すごく綺麗です。

 

( ゚∀゚)そして

これまで作ってきた ガンダムF91たちを並べると


f:id:laugh-maker-shin:20190508220416j:image

(^-^)ご覧の通り。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220428j:image

昔、どこかでガンダムF91を5体くらい並べて質量を持った残像を表現している人がいました。

しかし、かるまお父さん的にはこの3体で十分です。


f:id:laugh-maker-shin:20190508220439j:image

むしろこれでも作り過ぎな気もしています笑

一番前のガンダムF91が気合いを入れて作ったやつなので、それなりにそれっぽく見えるのではないでしょうか。

これでようやく、ガンプラEXPO限定HGガンダムF91作成から始まった辻谷耕史さん追悼ガンプラが完成しました。

どうでしょうか‼️辻谷さん‼️

f:id:laugh-maker-shin:20190508220454j:image

ちなみに、実際のアニメではどうなっているのか!?

と、思う方は是非一度機動戦士ガンダムF91をご覧になってください。

 

\(^_^)/ではまた。